Top雑記>5インチベイ用ハードディスククーラーを取り付け
2005年08月31日

5インチベイ用ハードディスククーラーを取り付け

前回の記事eMachinesiconに取り付けるためSANWA SUPPLY TK-CLH50 ハードディスククーラーを購入したことをお伝えしましたがようやく取り付けました(時間がなくて遅くなりました)

では・・・

じゃ〜んw
eMachines J6442

おおっ!色が変!orz
でも実物は写真よりも違和感ないです(思いこみ)

さて使用感ですが、気になっていたファンの音に関しては(私は)それほど気になりませんでした。
常にフォンフォン言っているのですが慣れればなんてことないです(部屋に置いている空気清浄機の方がもっとうるさいです)

ハードディスクも5インチベイに移動し(最初は5インチベイより下の3.5インチスロットに入っています)温度が40度前後から29度前後に下がりました(EVERESTで計測)

取り付けですが結構簡単でした。

まず、全面カバーの外し方ですが私はマイナスのドライバーで左下→左上→右下底→右下→右上の順で外しました。
そんなに気になるほどの傷は付きませんでしたが、全く傷つかないわけでもないので開けられる方はご自身の判断で。
他にも開ける方法はあると思います。

一番の強敵は
5インチベイ

↑こいつで、5インチベイの所に付いていまして両側が本体に繋がったままなので一旦DVDを外してからグニグニと回して取りました。
最初にサイドカバーだけでなく全体のカバー(黒の部分)を外してしまった方が作業しやすいです(後ろの4つのネジを取れば外せます)

SANWA SUPPLY TK-CLH50 ハードディスククーラーには説明書などは付いていないので2つ金具(ハードディスクを止める)が付いているのですが自分で位置を合わせながらハードディスクを取り付けましょう。
ちなみに右側金具はケース本体のネジ穴がなかったのでガムテープで固定しましたが特に問題ないです。

ファンには両側縦に2つネジ穴があるのですが、左下側のネジ一本しかネジ穴が合わない(本体にはそれに合う穴がない)のでそこしか止めていませんw
当然右側はグラつきますが本体全面のカバーを閉めればある程度固定されます。
気になる方はガムテープや両面テープで固定するか新たにネジ穴を開けるしかないようです。

S-ATAのコードは長いので問題ないのですが電源は結構ギリなので別の近くのソケットから取りました。

SANWA SUPPLY TK-CLH50 ハードディスククーラーの全面は防塵用のフィルターが付いていて本来なら上にスライドして取り外しができるのですがeMachinesiconのケースだと上のDVDに引っかかってスライドしません。
そんなにいきなりゴミが溜まるものでもないので、溜まったときに本体全面カバーを外して掃除すれば良いかと思います。

色は気になるなら塗ってもいいと思いますが、防塵用のフィルターはスライド部分に引っ付いているのでこれも一緒に塗りかねません。
時間があればやってもみようと思いますが誰に見せるわけでもないので(ブログで晒していますがw)ほんと気が向けばですね。
塗った際にはまた報告します。

次はビデオカードの増設を考えてはいますが、3Dゲームをするわけでもないのでちょっと悩んでいます。
でも性格的にどうせならちょっとでもいいものをって考えてしまうので『GF66GT-A128H』この辺なら妥当かなと思っています。


 

 アフィリエイトランキング

posted by shin at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | Main

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




この記事へのTrackBack URL


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。